ツンツン頭する場合に相性がよいウィッグとは?

先回の記事では、コスプレ初心者の方が汎用性高く、多くのキャラを表現できるためのウィッグを紹介しました。
言わば、コスプレイヤーの力量に合わせたウィッグだということ。 当然、いくら汎用性が高いと言っても表現力に限りがあり、場合によっては、憧れのキャラのコスプレができない可能性もあります。

したがって、今回はコスプレ対象となるキャラクター視点からのウィッグ選びについてお話していきたいと思います。

■王道の「頭ツンツン」キャラ

キャラクター視点とは、いわゆる「王道の髪型ツンツン頭キャラ」のことを指します。

多少、語弊あるものの、アニメや漫画のキャラクターでツンツン頭になっていることが非常に多いです。
一世を風靡した「おっす、オラ●空!」のフレーズで有名なキャラも、とある魔法●●の主人公キャラも、このツンツン頭になっています。 このように、ボブを使いこなして、そしてツンツン頭を使いこなしてこそ、やっとコスプレイヤーになれると言ってもよいほどの重要な位置付けなわけです。

■もちろんウィッグで表現できる髪型

では、実際にウィッグでツンツン頭をするにはどうしたらよいのか?
ウィッグ専門店「エアリー」では、ウルフベースと呼ばれるウィッグを利用すると一番しっくりとくるかと思います。

このウィッグの良い点は、顔も隠しつつもツンツン頭にできる髪の量を残しているという点。
要は、キャラの髪型も実現しつつも顔の大きさまで調整ができてしまう代物だということです。

ともあれ、こちらも使いこなすと一気にコスプレの幅が広がるため1つは持っておいた方がよいかもしれませんね。